電験3種2018年理論問3

皆さん こんにちは。電験3種傾向と対策研究会です。

 

去る9月2日に今年の電験三種試験が実施されました。
問題と解答が電気技術者試験センターから公表されました。

 

理論問3では磁界の強さを求める問題が出題されました。
これも三角定規を使うと簡単に解ける問題です。
60度、30度、90度の角度を持つ三角定規を使います。

 

過去には電界の強さを求める問題が出題されました。
使う公式の形はそっくりです。

 

まず、電界の場合です。
2つの電荷があった場合、プラスとマイナスでは引き合う力、プラスとプラス、
マイナスとマイナスでは反発力が働きます。

 

ある場所における電界の強さとは、片方の電荷の大きさが1C(クーロン)の大きさの
場合、その電荷にはたらく力の大きさのことを言います。

 

ですから、こちらの公式を使います。この式のQ2を1にします。
F=Q1×Q2/(4πεr^2)

F(電界の強さ)=Q/(4πεr^2)
(r^2はrの二乗の意味です)

 

磁界の場合です。
2つの磁荷があった場合、プラスとマイナスでは引き合う力、プラスとプラス、
マイナスとマイナスでは反発力が働きます。

 

ある場所における磁界の強さとは、片方の磁荷の大きさが1Wb(ウエーバー)の大きさの
場合、その磁荷にはたらく力の大きさのことを言います。

 

ですから、こちらの公式を使います。この式のm2を1にします。
F=m1×m2/(4πμr^2)

F(磁界の強さ)=m/(4πμr^2)
(r^2はrの二乗の意味です)

 

問題図におけるAとBは同符号なので反発力、AとCは異符号なので引力が働きます。
その大きさは先の公式にm=1×10^-4、μ=4π×10^7、r=2を代入して計算します。
(一般的に透磁率はμで表します。真空のときだけμ0と表します)

 

反発力と引力には向きがあります。つまりベクトルです。
そのベクトルの向きに従って、ベクトルの大きさ、つまり長さを決めて作図をします。

このときに、三角定規を使います。

 

反発力と引力の大きさを計算します。
F=1×10^4/(4π4π×10^-7×2^2)
=1,58

 

B点からA点に向かう方向に、A点から長さ1.58cmの線を描きます。(線A)
A点からC点に向かう方向に、A点から長さ1,58cmの線を描きます
この二つの線を合成します。

 

B点からA点へ向かう線(線A)に45度の角度を持つ三角定規の縁を合わせます。

C点からA点へ向かう線に60度の角度をもつ三角定規の縁を合わせます。

 

60度の角度を持つ三角定規を上にスライドさせます。
線Aの終点から1.58cmの線を、スライドさせた三角定規に沿って描きます。

 

この線の終点からA点までの距離を測ります。
そうすると1,58cmの長さになります。

 

答えは1,58A/mになります。

 

無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。

 



スポンサーサイト

  • 2018.10.13 Saturday
  • -
  • 14:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

電験1種、電験2種受験生にお勧めのブログです
電力工学の最強レクチャー

電力工学の無料大学
EnergyChord


携帯でも配信中!
メルマガ登録・解除
電気主任技術者試験に合格しよう!
powered by 携帯メルマガ メルモ

「熱計算が必要な方へ」

伝熱計算セミナー



こんな教材は見た事がない!教える事のプロ、予備校物理学講師の田原先生による「理論」のとても分かりやすい解説

メルマガの登録と解除

有料メルマガ「電験3種に合格しよう」の登録案内です。

電験1種坂林和重先生の電気と資格の広場

ブログセンター

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM