コイルやコンデンサに流れる電流

 

みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。

 

2011年の第三種電気主任技術者試験は94日に実施されます。

この試験は「理論」「電力」「機械」「法規」の4科目で構成されています。

 

「理論」では電磁気、直流回路、交流回路、三相交流などを勉強します。

 

交流回路では、負荷がコイルのときは電圧に対して電流が遅れ、負荷がコンデンサのときには電圧に対して電流が進みます。

 

電気技術者協会の電気技術解説講座ではこれを数学的に説明しています。

 

LCの電流が90°進み、遅れが生じるのはなぜかをご覧ください。


メルマガ電験3種過去問の傾向と対策の登録はこちらです。



雷電流はなぜ流れる?

 

みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。

 

いま、梅雨の季節です。ところによっては雷雨になる場合があります。

雷は電気であることが知られています。

 

一般的に、電気は閉回路を流れます。それでは、雷電流は、なぜ流れるのでしょうか?

 

電気技術者協会の「電流が流れるには閉回路が必要、雷電流はながれる」に詳しい説明があります。ご覧ください。

メルマガ電験3種過去問の傾向と対策の登録はこちらです。



電気エネルギーと力学的エネルギーの関係

 みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。


電験3種は電気技術の国家試験です。

この場合の電気技術は電気エネルギーを扱う技術です。

一般的にエネルギーと言えば力学的エネルギーが知られています。

高校では位置エネルギーや運動エネルギーについて学びます。

それでは、これらの力学的エネルギーと電気エネルギーの関係はどのようになっているのでしょうか?

 

日本電気技術者協会の電気技術解説講座「なぜ電圧×電流=電力なのか」では、この関係を詳しく説明しています。

「電力」や「機械」ではそれぞれ力学的エネルギー→電気エネルギー、電気エネルギー→力学的エネルギーについて勉強します。

ここで、その基礎を勉強しておきましょう。

メルマガ電験3種過去問の傾向と対策の登録はこちらです。



| 1/1PAGES |

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

電験1種、電験2種受験生にお勧めのブログです
電力工学の最強レクチャー

電力工学の無料大学
EnergyChord


携帯でも配信中!
メルマガ登録・解除
電気主任技術者試験に合格しよう!
powered by 携帯メルマガ メルモ

「熱計算が必要な方へ」

伝熱計算セミナー



こんな教材は見た事がない!教える事のプロ、予備校物理学講師の田原先生による「理論」のとても分かりやすい解説

メルマガの登録と解除

有料メルマガ「電験3種に合格しよう」の登録案内です。

電験1種坂林和重先生の電気と資格の広場

ブログセンター

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM